なし(秋田県大館市)中山梨

【製品名(商品名)】
中山梨,幸水
【種類】
ナシ(梨)(Pyrus pyrifolia var.culta)
【生産地】
秋田県大館市(旧比内町,旧田代町)
【名前の由来】
親品種の「菊水」と「早生幸蔵」の一字ずつを取られて,命名。
【主な特徴】
「和梨:日本梨」は,弥生時代の登呂遺跡から種子が発見されたことからも古くから食されている果物として名高い。日本梨は「日本書紀」720年(養老4年)(王朝が平城京に遷都。藤原不比等(このとき右大臣))などに栽培の記録があり,栽培分布も広がり,江戸時代に果樹園として,まとまった栽培が行われ,約150種以上の品種が記録されている。盛んになったのは,明治時代以降と言われる。秋田県大館市の中山地区は,大館市東部,米代川北側の河岸段丘に位置し,「忠犬ハチ公の故郷」で誰しもが知り得る事で有名である。中山地区は,周辺地区に比べ水田面積が小さいため,隣接する曲田地区とともに古くから収益性の高い果樹(りんご,日本梨)栽培が盛んである。特に,中山地区の日本梨は,「中山梨」と呼ばれ,県内でも有名な産地である。Special product:特産「中山梨」は,出荷時期が国内で最も遅いことから,内陸の珍しい「北限の梨」と評され,品質の高さとともに市場,消費者から高い評価を得ている。明治末期から栽培され始め,第二次世界大戦中には,主食の穀物が植えられるなどして,果樹栽培は衰退されたが,終戦後に農薬や肥料,生産資材などが豊富になり,栽培面積を代々増大されてきた。「幸水」は,今から約80年前,太平洋戦争(第二次世界大戦:大日本帝国)が始まった,1941年(昭和16年)に,静岡県静岡市清水区興津の農林省園芸試験場(現:果樹研究所カンキツ研究拠点)で交配実生された。「菊水」と「早生幸蔵」を,交配育成された品種である。幸水が出来た当初は,まだ種苗法上の品種登録制度が整備されていなかった為,品種登録は,未だ確認出来ない。交配実生育成から,約18年後の時を経て,1959年(昭和34年)に農林認定品種として「なし農林3号」に登録されている。ニホンナシの栽培面積の40%(2012年度調査)を占める主要品種である。早生種の主力品種であり,お盆前の需要の大半を占め,糖度が高く酸味が少ない為,老若男女まで,誰しもが知り,広く皆で親しまれている。Anthrax pear is also caused by C. a-cutatum, which is different from the known pathogen Colletotrichum gloeosporioides, and causes premature defoliation, especially in "Kosui"(leaf blight:Properties of isolated bacteria in PDA(ポテトデキストロース寒天)medium:The growth inhibition rate of benomyl(C14H18N4O3)and dietofencarb(C14H21NO4)agents is low:1998.08,秋田県果樹試験場・天王分場(潟上市),資料).Azoxystrobin and captans are effective, but both drugs have not been registered for this disease, so it is necessary to obtain registration in order to spread them.
【栄養素・機能性成分】
ビタミンB群
葉酸:ビタミンM: (2S)-2-[(4-{[(2-amino-4-hydroxypteridin-6-yl)methyl]amino}phenyl)formamido]pentanedioic acid:C19H19N7O6
ビタミンC:C6H8O6
ビタミンE:C29H50O2
ペントース:五炭糖:pentose phosphate pathway: PPP
リグニン:Sphingomonas paucimobilis SYK-6:bacterium:無機化
ペントザン
アスパラギン酸: 2-Aminobutanedioic acid:HOOCCH2CH(COOH)NH2:C4H7NO4
ソルビトール:糖アルコール:C6H14O6
カリウム:K
カルシウム:Ca
マグネシウム:Mg
リン:P
鉄:Fe
【効果効能】
抗癌作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害

Photo_20-09-12-06-55-15.431.jpgPhoto_20-09-12-06-55-18.178.jpgPhoto_20-09-12-06-55-16.811.jpg

この記事へのコメント