もも(山形県東根市)JAさくらんぼひがしね

【製品名(商品名)】
美晴白桃(ミハルハクトウ)
【種類】
モモ(桃)Prunus persica (L.) Batsch
【生産地】
山形県東根市
【名前の由来】
While studying
【特徴】
To the east is Sendai City, Miyagi Prefecture across the Ou Mountains, and to the west is Kawakita Town across the Mogami River.It is adjacent to Tendo City in the south and Murayama City and Obanazawa City in the north.The prefecture capital is close to Yamagata city.Located in the central eastern part of Yamagata Prefecture, it is attractive for its rich nature and excellent industrial base.It's a famous production area where cherries are attached to station names, and boasts a market share of more than 20% nationwide.The production volume is the highest in all municipalities nationwide.Famous,Sato Nishiki was born in Higashine City and spread around the world. Since then, many farmers have been eager to cultivate Sato Nishiki, working on the quality and production techniques, growing high-quality cherries in a stable manner.「白桃」などの,今日に至る「日本桃」の普及において欠かせない経過は,およそ140~150年前に活路を見いだされた,先人肩の歴史がある。1875年(明治8年)に中国から,「上海水蜜」「天津水蜜」が導入され,岡山県では明治時代に入り,本格的に栽培されたとある。磐梨(いわなし)郡可真村生まれ(現:岡山市東区瀬戸町塩納)の大久保重五郎(オオクボジュウゴロウ)氏,1867年(慶応3年)1941年(昭和16年)が,青年時代に師と仰がれた,「果樹栽培の祖」と賞され続く,磐梨郡稗田村(現:赤磐市稗田)小山益太(コヤママスタ)氏(1861年(文久元年)〜1924年(大正13年))が,1895年(明治28年)「金桃」を発見されている。指導の縁も兼ね,1889年(明治32年)に,上海桃系の実生から,白水桃「白桃」を発見された。「桃」の品種を大きく分けると,「白鳳,白桃」の2つの系統があるとされる。「美晴白桃」(農林水産省品種登録ホームページより)Application number 3006 Date of application 1988/09/30 With registration number 2530.「白桃」,「白鳳」,「水野ネクタリン」及び「秀峰」の混植園で発見された偶発実生で,果形が楕円の大果で育成地(長野県須坂市,品種登録者,植木喜作氏,育成者,佐藤一男氏)において,9月上中旬に成熟する晩生種である。樹姿は中間位,樹の大きさ及び樹勢は中である。芽序は単複,葉身の形は極長,大きさは大,色は緑である。花の大きさは中,花弁の数は単弁で楕円形,桃色,花粉の有無は無である。果実の外観は円形,果頂部の形は凹,凹みは中,梗窪の深さは深,広さは中,赤道部及び果頂部の縫合線は中である。果実の大きさは極大(350g~400g),果皮の地色は乳白,着色は多,着色の濃さは濃,形はぼかし,果皮の剥離性は離である。切った直後の果肉は白色,果肉内の着色は少,核周囲の着色はやや少,肉質は不溶質である。果汁の多少は中,甘味は多,酸味は微,渋味は無である。核と果肉の粘離は粘,核は楕円形,大きさは中である。成熟期は満開後131~140日で,育成地においては,9月上中旬である。生理落果の多少は少なく,核割れの多少は微,裂果は少,果実の日持ちは良である。「阿部白桃:「大久保」,「白桃」等の混植園において,発見された偶発実生。大果となり,果肉が硬く,日持ちの良い晩生種。育成地(広島県賀茂郡大和町,標高380m,)育成品種登録者,阿部静雄氏,Application number 1031 Date of application 1983/12/19 With registration number 922.登録年月日1985/07/18育成者権の存続期間,18年,育成者権の消滅日,2003/07/19であった。」と比較し,芽序が単複である事,葉身の形が長い事,花の大きさが小さい事,核と果肉の粘離が粘であること等で,「まなみ:「愛知白桃」✕「千曲」の交雑実生。大果で,果皮着色が濃く,果肉が硬い。育成地(長野県南佐久郡臼田町,標高700m)育成品種登録者,岩松今朝市氏,Application number 1069 Date of application 1984/02/16 Registration number 923.登録年月日,1985/07/18,育成者権の存続期間,18年,育成者権の消滅日,1988/07/19であった。」と比較して,芽序が単複である事,葉身の形が長い事,肉質が不溶質である事,核が楕円形であること等で,区別性が認められるとある。登録年月日,1990/12/05,育成者権の存続期間は18年,育成者権の消滅日は,1999/12/07であった。「おどろき」,“美晴白桃”,It is characterized by its refreshing sweetness and unique texture, and since the skin is thin, you can eat the whole skin by washing it with water.
【栄養素・機能性成分】
βカロテン:C40H56
ビタミンB群:B1,B2,B5,B6,B7,B9
ナイアシン:ナイアシンアミド:C6H5NO2
ビタミンC:L-アスコルビン酸:C6H8O6
ビタミンE:トコフェロール:C29H50O2
ペクチン:pectin:methyl ester:Homogalacturonan,rhamnogalacturonan-I,RG-II
フルクトース:fructose:C6H12O6
有機酸:organic acid:−COOH(カルボキシル)
カリウム:K
カルシウム:Ca
マグネシウム:alkaline earth metal:Mg
リン:P
鉄:Fe
【効果効能】
抗癌作用
抗酸化作用
抗菌作用
抗腫瘍性
肩こり
腰痛
髪の毛健康
風邪予防
美肌・美容
老化防止
アンチエイジング
デトックス効果
むくみ解消
利尿効果
妊婦
貧血
疲労回復
視力維持
眼精疲労
消化促進
殺菌効果
骨粗しょう症
新陳代謝
ストレス解消
活性酸素抑制
喉・呼吸器安定
皮膚粘膜強化
高血圧
肥満
生活習慣病
血中コレステロール緩和
コレステロール
心筋梗塞
脳梗塞
血栓予防
食欲不振
精神安定
胃潰瘍
胃腸障害
Photo_20-09-16-06-49-22.847.jpgPhoto_20-09-16-06-49-31.420.jpgPhoto_20-09-16-06-49-24.239.jpg

この記事へのコメント